げん玉のポイント利息制度は果たして使えるのか?

先月から導入されたげん玉のポイント利息制度、先月分がもらえました。
7pt でした。

通帳|リアルワールドサービス 2016-06-15 15-23-39

なんでこんなに少ないのかというとちょうど切りの良い金額で換金出来たからです。
残っていたのは、700pt(70円)のみでした。

それで実際、ポイントの利息が付いてから利用法を色々考えてみました。

ポイント利息のおさらい

graph02

げん玉の口座に換金せずにポイントを残すことによって100ptに付き1%の利息が貯まります。

これは確かに低金利の現在、魅力的です。

ただし、落とし穴が2つあります。

  1. 180日間でアクション(案件利用)が行われなかった会員は、ポイント失効だけでなく退会処分になる。
  2. ポイントが100未満になっていると、ポイント利息が全く付かない。

1.に関しては、げん玉側は3ヶ月も案件に申し込まないような会員はいらないと言っているに等しいと思います。

だから全く案件に申し込む気がない人は、げん玉に会員登録自体やめておいた方が良いかもしれません。

逆に私のような長い間、続けている会員は、3ヶ月あれば何かしらの案件には申し込むのでまず心配はなさそうです。
ですが、一応マイページのチェックは必要ですね。

それで1%のポイント利息が付くのならやっぱりやった方が得なんじゃないかと思ってきました。

2.に関しては、100pt以上残しとく。ただこれだけです。

ただし、あんまりポイントの残額が少ないと当然、利息が少なくなるのである程度は必要だと思います。

楽天銀行では、ハッピープログラムで他行から振込みがあると10円分のポイントがもらえるので、10円分の利息の1000円以下の場合は、換金しちゃったほうが良さそうです。

私のポイント利息利用法

そんな訳でまず1,000円以下のポイントの場合は、全額換金します。
それ以上の場合は、半分を換金して半分をそのまま残してポイント利息を狙うことにしました。

それを繰り返すことでポイントの残額が多くなり、当然利息も多くなっていくはずです。

ただし、お小遣いサイトのマイルールの年末には換金出来るものは全て換金するは、守ります。

まとめ

  1. 1,000円以上ポイントがあったら半分残す。
  2. それを繰り返して利息で稼ぐ。
  3. 年末になったらすべて換金。

やっぱり銀行に預けているのと比べてポイント利息が有利な事は事実なので、とりあえずこれで行こうかと思います。

げん玉/稼ぎ方と攻略法